ノー・プー?

こんにちは、梅田店の島田です

最近、福山雅治さんやジェシカシンプソンが実践しているという

「ノー・プー」ってご存知ですか?

これは、シャンプーを月1~2回しかしないという洗髪方法だそうです

湯シャンとも言われ、日本では中村アンさん、マリエさん、タモリさんやYOUさんも地肌にいいということで行っているみたいです

o0266019013226994353

 

 

 

 

 

本来、昔の人は髪を洗わずに稲や麦の茎の粉末などを髪の毛にまぶして櫛で髪の毛を梳かして垢をとって、油でツヤを出していました。

平安時代には1年に1回程度、米のとぎ汁や植物の皮をお湯で浸した液で洗い、臭い消しのためにお香を髪に付ける習慣が生まれました。

 

水で髪の毛を洗うという習慣は、江戸時代から始まったものの、1ヶ月に1度程度が一般的でした。

このときにシャンプーの代わりにふのりや小麦粉、灰汁やお茶で、髪の油分を奪っていました。

明治時代になってようやくシャンプーらしいシャンプーが登場し、火山灰や粘土などを混ぜた粉石けんのものが売られ始めたみたいです。

 

そうやって、香料や防腐剤、化学薬品、シリコン剤などが入り、リンスやトリートメント、カラー、パーマが普及し地肌にダメージを与えていくようになりました。

そして、ストレスや生活スタイル、食生活も変わり、どんどん薄毛人口も増加していきました

今では、地肌に影響のあるものをストップさせようという傾向で界面活性剤フリーやノンシリコンなどが流行っていますよね

 

「ノー・プー」にすることにより、界面活性剤によるダメージを受けないので、健康な頭皮状態に戻していくことができます

 

体質や生活スタイル、食生活によっては「ノー・プー」にしてしまうと、汚れや菌が落ちきれず、不衛生な状態になりダメージを与えてしまうかもしれません

正しいやり方、頻度等それぞれに合ったヘアケア方法が大事なので一概にはオススメできませんが、どちらにしても界面活性剤がダメージを与えてしまうということですね

界面活性剤フリーにして健康な状態を作っていきましょう

 

梅田店 島田

s-DSC_0574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket