身体の情報伝達物質

カラダの内外で幅広く作用し、カラダを作り作用している一見似ているようで異なる性質の情報伝達物質達。

【神経】瞬時に情報を伝えるが、持続性のあるものは少ない。

【ホルモン】組織に働きかけ、反応した場合にじっくり効果が現れる。

【フェロモン】ホルモンと異なり、他の個体に対して作用する。

【酵素】自身が触媒となり、標的となる物質を変化させる。

知っておいて損はないと思います。

ブログ用写真

堺東 鈴木

LINEで送る
Pocket