無添加の実態

健康やお肌に優しいと言うことで、添加物が入っていない『無添加』を選ばれることもあると思います。「無添加シャンプー、無添加化粧品、無添加洗剤など」ですね。ですが、国が定めている『無添加』の実態は複雑です一般的に『無添加』と言われるのは、厚生省が過去に定めた『旧表示指定成分』が入っていないモノです『旧表示指定成分』とは昭和40年代に厚生省が定めた『アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分』です102種類の身体に悪影響を及ぼすであろう成分の表示を義務付け、それらが入っていないモノを『無添加』と称したのですで、それでも不十分との事で、2001年に『全成分表示』が義務付けられましたどおゆう事かと言うと、無添加と言われても、昭和40年代に決められた成分以外は入っていても、「消費者さん、知りたかったらご自身で調べて下さいね。」って事です昭和40年代から今までに、身体に悪影響を及ぼす添加物などはめちゃくちゃ増えています化粧品やシャンプーなど使い心地や香りを優先して、粗悪なモノも多い世の中ですいきなり生死に関わる問題ではありませんが、毎日使用するモノ、蓄積すると病気までは行かなくとも、身体の不調として出てきます自分で自分を守らないといけないとは言いつつも、ネットではいろんな事が書いてあってよく分からないそのような方は、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい解決策をお伝えいたします

ブログ用写真

堺東 鈴木和雅

LINEで送る
Pocket