ドライヤー

こんにちは、梅田店の藤井です。

先日、タオルドライについて書かせていただきました。

ドライヤーは当てる時間が短いほうがよい。熱で髪や頭皮にダ

メージがあるのはもちろん、ドライヤーから電磁波も出ているた

め身体自体によくありません。

そのためしっかりタオルドライをしてドライヤーを当てる時間を

短縮しましょうということでした。

更に今回はドライヤーのあて方についてです。

・髪のキューティクルは毛先に向かっている

ので、それに沿わすようにあてます。

 

・同じところにばかりにあたらないように、

ドライヤーを揺らしながらあてていきましょ

う。

 

・ドライヤーとの距離が近すぎると、高温に

なり髪のや頭皮を傷めてしまうので、20〜30

㎝は離しましょう。

 

・だいたい乾いたら最後に冷風に切り替え

て、キューティクルを冷やして引き締めましょう。

・ドライヤーで乾かしている最中に櫛などで

ブラッシングすると髪を傷めることがあるの

で、ドライヤーが全て終わってから整えるよ

うにしましょう。

 

毎日のお手入れなので、正しくドライヤーを

あてて、髪や頭皮を守っていきましょう。

 

梅田店藤井でした。s

 

 

 

LINEで送る
Pocket