髪によくないことって?

こんにちは!ビダン三宮店の藤井です!

今回は ”髪によくないこと” をお伝えしていきます。

普段から日常的にしている方も少なくないかもしれません

 

まず一つ目は、パーマ!

おしゃれ目的でパーマをされる方、結構いらっしゃいますよね

なぜ髪に良くないのでしょうか

その理由は、

パーマで使用する薬液が頭皮に付いてしまうからです

頭皮まで浸透して毛穴から大きなダメージを受けます。

 

そして二つ目は、染毛!

染毛はヘアマニキュアと違い、髪の内部から

髪色を変えてしまうのです。

パーマと同じ原理で頭皮までダメージを与えてしまいます

 

その他にあまり知られていないことをご紹介します

それは、 ぬれた髪へのブラッシング です!

シャンプーをした後などの髪がぬれた状態のとき

髪表面の状態はどうなっているのでしょうか?

髪の水分量は通常11~16%ですが、

ぬれた状態になると35%まであがります。

髪内部に水分が含まれて膨張しているからですね

しかし髪表面のキューティクルは伸びきっていませんので、

無理に広がった状態になっています。

このときにブラッシングすると開いたままのキューティクルが

引っ張られ、痛みの原因にもなります。

ぬれたままのブローも同じことが言えるでしょう

ブロー、ブラッシングをする際は、ある程度ドライヤーで

水分を飛ばしてからすることをお勧めします!

枝毛・切れ毛のない健康な髪を目指しましょう

 

三宮店 藤井

藤井 柚衣

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket