老け顔防止作戦

こんにちは!ビダン明石店の岡崎です!

暑い夏のような日が続いてますが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

夏は「夏老け」という言葉を聞いたことがあるのをご存知でしょうか?

ほとんどの女性が夏の終わりに“肌が老けた”と感じているようです。

肌の乾燥、ゴワつき、くすみ、シミ…夏の終わりの自分の肌老化に落ち込まないために、今日は夏の肌を老けさせてしまう原因とその対策法についてお伝えします(^^)

 

まず!夏老けする原因は。。

 

(1)紫外線による肌ダメージ

やはり夏老け肌の一番の原因は紫外線です。

とくに夏の時期に強くなるUV-Aは肌の真皮にまで届き、肌の弾力やハリを守るコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまいます。

その為、肌の弾力やハリが失われシミやシワ、乾燥などの原因となります。タ-ンオーバーも乱れるため、肌にゴワつきがでてきます。

 

(2)冷房による乾燥や血行不良

外から汗をかいたまま冷房の効いた部屋に入ってしまうと肌表面の水分が一気に蒸発してしまいます。

外と冷房の効いた部屋での肌の水分量を比較すると、冷房の効いた部屋ではなんと肌の水分量は約半分にまで減ってしまうそうなんです!!!

夏の肌は冬と同じくらい実は乾燥しています。

また冷房で肌が冷え、血行が悪くなることもゴワつきなどの原因になります。

 

(3)皮脂に強いスキンケア用品による毛穴汚れ

汗をかくと汗腺や毛穴が開きます。

そこに皮脂や汗に強いファンデーションや日焼け止めが入ると、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビの原因になります。毛穴の開きやたるみが気になる人は特に要注意です!

 

皆さま心当たりがある方が多いと思います。

そんな心当たりがある方へ

対処方法をお伝えしますね^ – ^!!

 

★肌に優しいアイテムの重ね塗り、塗り直しで、しっかりUVケア★

 

UVカット効果の高いものは肌への負担も大きい場合もあります。

きちんと落とさないと毛穴の詰りや汚れの原因になるので、なるべく肌に優しいアイテムを選び、焼けやすいところは重ね塗りをしたり、こまめに塗り直すことで徹底した紫外線対策をしましょう。

 

★インナードライ肌に注意しっかりと保湿ケア★

 

夏は、肌表面は皮脂でベタベタしているので潤っているように感じますが、肌内部の水分は汗と一緒に蒸発してしまい実は乾いているインナードライ肌の人が急増します!!

夏こそしっかりとした保湿ケアをしていただきたいです!

オフィスや室内での乾燥が気になったときは化粧水で肌を柔らかくした後、保湿力の高い乳液やクリームを乾燥の気になるところに置いて指でなじませましょう。乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすいので、保湿も日焼け対策の一つです!!

 

★乳化クレンジングで汚れを優しく徹底除去★

日焼け止めや皮脂などに強いファンデーションが肌に残ってしまうと毛穴が目立つ原因になります。

クレンジングはしっかりと行いましょう。

乳化する事で、毛穴の奥の汚れをしっかり落とします。また、Wクレンジングすることがおススメです!

ピーリングなどもすることで、

いらない角質を取り除き、ゴワつきの無い

男性でもしっかりケアすることでプルプルの若々しいお肌を、目指せます!!

 

今年の夏はしっかり対策し

夏老けしない肌を目指しましょう!!(^^)

  明石店 岡崎

岡崎

LINEで送る
Pocket